要チェックです

【注目】各機種 レンズ・ミラーのクリーニング

 今回はレーザー機のフォーカスレンズおよびミラー(Speedyシリーズ/Rayjet)クリーニング方法のご案内です。    以前と同じパラメーター設定で加工を行っているのに「彫刻痕(溝)が浅くなった」「カットが上手く行かなくなった(部分的に貫通しなくなった、切り口が太い)」...

2017年12月21日木曜日

クリスマスツリーをつくる

 今回はもうすぐクリスマス(^^♪ということで、3つのパターンが楽しめるクリスマスツリーを作成してみたいと思います。


  
 ●用意するもの
・アクリル板 (乳白色2mm厚、約200×250mm)
・フェルト (黒色、約240×330mm)
・不織布 (レンジ換気扇用フィルター(100均のものでOK)、約460×330mm)
・木工用ボンド
・LEDキャンドル(100均のものでOK、複数色に光るものがオススメ)
※必ずLEDキャンドルをご使用ください。
白熱灯やろうそくは失火の要因になりますので使用厳禁です。

・ローラー型粘着テープ(あると便利)


 まずはデータから。

 Corel DRAW X7で作成しました。
 アクリル用、フェルト用、不織布用、それぞれのデータを使用して加工していきます。

●アクリル用
 星形の飾り2個(1セット)と本体の底部を止める部品2本(1セット)、本体4枚(1セット)の計2回に分けて加工を行います。
 ピンクの線がカット線、青の線はjobcontrolの材料データベースで『カット』を使用して彫刻を行います。
 星形の飾りは加工終了後、裏返して青線の彫刻のみ行います。
※この時、ピンクはjobcontrolの材料データベースで『スキップ』にしておきます。

●フェルト用
 赤、青ともにカット線。
 加工終了後、細かな切りくずが多量に出ます。
テーブルなどに加工出来たフェルトを広げ、ローラー型粘着テープで軽く接着しながら取ると比較的スムーズに取り除く事が出来ます。
※力強く押さえつけてローラーを掛けると細い柄の部分が切れる場合がありますので、注意が必要です。

●不織布用
 赤、青ともにカット線。
模様のカット(赤)がある方が外側、ない方が内側です。
フェルトと重ねて貼る際、取り違えないように注意してください。
 

 加工に進みます。

●使用レーザー機その他
・Speedy 300 80w機
・2.0inchレンズ
・細口ノズル
・エアアシスト:有

●加工オプション
・加工モード:標準
・解像度:500
・ハーフトーン調整:ディサ生成
・高度なジオメトリ:チェックを外す


◆アクリル 2mm厚
青/彫刻 パワー:80.0 スピード:0.7 PPI:1000 発信調整:30 (加工モードは『カット』にて
ピンク/カット パワー:20.0 スピード:4.0 PPI:1000 発信調整:30
※アクリル板の保護紙は両面とも剥さずに加工します。
(保護紙が無い場合はマスキングテープを隙間なく貼る)


◆フェルト
赤/カット パワー:50.0 スピード:30.0 PPI:20000 発信調整:50
青/カット パワー:40.0 スピード:5.0 PPI:20000 発信調整:50



◆不織布(レンジ換気扇用フィルター)
赤/カット パワー:15.0 スピード:1.0 PPI:1000 発信調整:10
青/カット パワー:15.0 スピード:1.0 PPI:1000 発信調整:10
※薄く軽いのでエアアシストや集塵機の風に飛ばされやすいです。
加工範囲外に重しを置く、またはテープで加工台に留めるなどし、飛ばされないように注意してください。


speedy300でのカットイメージ動画です↓

※動画内では撮影用にレーザー機のフタを開けて加工しています。
実際に加工する際は、必ずフタを閉じて行って下さい。

※加工中は必ずレーザー機の傍に居るようにし、目を離さないでください。


 レーザー加工終了後、

① 柄の切抜きを行った不織布→フェルト→柄の無い不織布の順に重ね、それぞれ木工用ボンドで貼り合せる。
(ボンドを付けるのは左右の辺のみでOKです)
② ①を柄の切抜きを行った不織布が外側になるように円錐(えんすい)状に丸め、左右の辺を、フェルトの柄が続いて見えるように位置を調整して木工用ボンドで貼り合せる。
(後ほど星形の飾りを差し込みますので、円錐の先(上部)は直径10mm以上の穴が開く様に加減してください)
③ アクリル板で作成した本体を線彫刻を施した方を内側に向け、組み立てる。 
④ 台を『+』型に組み、LEDキャンドルを乗せる。
⑤ ④の台の凹に合わせ③で組み立てた本体を差し込む。
⑥ 星形の部品を『+』型に組み合わせる。
⑦ ②のボンドが乾いたら⑤の上に被せ、上部の穴に⑥で組み合わせた星形の飾りを差し込む。
(星形の飾りの下側が十字のクリップ状になっていますので、それぞれ、アクリル板、不織布、フェルトを一纏めにして挟み込んでください)

完成(^^♪


LEDキャンドルを点灯している時としていない時で表情が変わり、また、フェルトのシェードの有り・無しでも異なる雰囲気が出ますので、色々楽しめます。

ちなみに、室内を暗くすると


影絵のような雰囲気になります(^_^)☆彡



 
下記、今回使用したデータです。
ダウンロード後、解凍しご使用ください(^^♪

・Illustrator CS
http://firestorage.jp/download/21d9d1033743cba5ff42fa82beeaef99180c63ba

・Corel DRAW X3
http://firestorage.jp/download/10d88124e3f278cf3757708216d8f28da6f4d380










0 件のコメント:

コメントを投稿